Danny Way(ダニーウェイ)

Danny Way(ダニーウェイ)は1974年、4月4日生まれ。アメリカ合衆国カリフォルニア州エンシニータス出身のプロスケートボーダーです。

スケーターとして活躍するだけはなく、兄のデーモンが経営しているDCシューズというブランドの看板スケーターとしても活躍しています。

そのテクニックは世界でも最高峰と称されており、トニー・ホーク、ロドニーミューレンなどと肩を並べてスケートボードシーンのカリスマの一人と言われている程です。

4歳の頃にスケートボードを初めて、11歳の時に初めて優勝を果たしました。その時に、ホソイ・スケートボードとビジョンのスポンサーを受けるなど少年期から既に注目を集めていました。

1998年の時にかの有名な天才プロスケーターのパウエル・ペラルタのボーンズ・ブリゲイド・アマチュアチームに迎え入れられ、バッキーラセックらと一緒に世界的にも有名なビデオである、Public Domainに出演するなどしてその名がどんどん知れ渡ります。

その数ヶ月後、ボーンズ・ブリゲイドを離れてしまいますが、マイク・タナスキーのH-STREETへ移籍し、ミシガン州で行われたヴァート・ランプのコンテストで優勝するなどして、その実力を改めて証明します。