スケートボードの技「バック」がつくものは非常に多いです。

seiya_0531_1000

 

スケートボード(スケボー)の技の「ハーフキャブ」と「バック」から始まるものの解説になります。

ハーフキャブ:フェイキーの状態で、B/S180°オーリーの動きで、180度回転するというトリックになります。

バックサイド:フラットトリックやエアトリックでは、体正面側への回転で、カーブトリックとリップトリックでは、背中側への回転のことです。B/Sと省略されることが多いです。

バックサイドエアー:バックサイドオーリーの別名です。

バックサイドオーリー:RかフラットバンクでB/S180°をするトリックのこと。

バックサイドキック:B/S180°キックフリップのことで、その略称です。

バックサイドグラブ:グラブトリックの一つです。デッキのヒールサイドをノーズ側の手でグラブすることです。

バックサイドヒール:B/S180°ヒールフリップの略称になります。

バックサイドフリップ:一般的にはB/S180°キックフリップのことを指す事が多いです。

バックサイドワンエイティーキックフリップ:バックサイドフリップや、バックサイドキックという場合もありますが、B/S180°しながら、キックフリップを同時に行うトリックのことです。

バックサイドワンエイティーヒールフリップ:バックサイドフリップやバックサイドヒールという場合もありますが、B/S180°をしながら、ヒールフリップを同時に行うトリックのことです。

バックテール:バックサイドテールスライドの略称になります。

バックフットフリップ:フラットトリックの一つになります。オーリーをしてからデッキを蹴った方の足で、デッキを下に弾く感じでフリップを入れるトリックのことです。通常の摺り足でフリップを入れるのと違います。

バックフリップ:Rトリックの一つ。デッキごとバック宙するトリックで、バックサイドフリップとは別のものになります。

バックホップ:バックサイドポップショービットの別称となります。背中側に回転させるものです。